ここから本文です

前田敦子、感情をぶつけ合う舌戦!『毒島ゆり子』物語はドラマ最大の修羅場へ

クランクイン! 6月8日(水)15時45分配信

 波乱の展開となっているTBSドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』。前回の放送で、小津(新井浩文)の家を訪ね、離婚したはずの小津が家族と暮らしているところを目撃したゆり子(前田敦子)だったが、それ以来小津とは会っていなかった。小津は弁護士・真田(バカリズム)を交えたゆり子との話し会いに応じ、ついにその日が来たのだが…。

【関連】『毒島ゆり子のせきらら日記』第8話<フォトギャラリー>


 第8話ではゆり子、小津、真田、が舌戦を繰り広げ、そこにさらに小津の娘・絵美(清原果耶)も加わり、それぞれの感情をぶつけ合うドラマ最大の修羅場へ突入していく。
 
 真田によって明かされた衝撃の真実とは?そのとき小津が口にした言葉とは?そして、全てが終わったのちに、小津とゆり子がおこした“行動”とは…。
 
 TBSドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』第8話は6月8日24時10分放送。

最終更新:6月8日(水)15時45分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。