ここから本文です

ギレルモ・デル・トロ、犯罪系ファンタジードラマのパイロット版制作へ

クランクイン! 6月8日(水)19時0分配信

 ギレルモ・デル・トロが映画『パシフィック・リム』(13)の脚本を共同執筆したトラヴィス・ビーチャムと温めてきたテレビドラマ『Carnival Row(原題)』のパイロット版が制作されることになった。Deadlineや/Filmなどの海外メディアが伝えた。

【関連】ギレルモ・デル・トロ監督ドラマ『ストレイン』フォトギャラリー


 『Carnival Row(原題)』はビーチャムが11年前から企画していたもので、当初は『A Killing on Carnival Row(原題)』という題名だった。デル・トロは企画の初期から関わっており、2015年に企画を持ち込んだ米Amazonで遂にパイロット版の制作という実を結ぶ。

 デル・トロ、ビーチャムと海外ドラマ『4400 未知からの生還者』のクリエイター、レネ・エシェヴァリアが共同執筆するとのことだったが、パイロット版の脚本はエシェヴァリアが1人で執筆したという。

 ストーリーの舞台はバーグ(Burgue)という18世紀ロンドンを彷彿させる未来都市。人間の他、エルフやヴァンパイアなどが共存する都市の一角、妖精達が体を売るカーニバル・ロウで連続殺人事件が起き、捜査にあたった刑事が容疑者になってしまうという筋書きとのことだ。

 キャストは未定。デル・トロ、ビーチャム、エシェヴァリアは、デル・トロが手掛ける海外ドラマ『ストレイン』のゲイリー・アンガーと共に製作総指揮としても名を連ねる。

最終更新:6月8日(水)19時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。