ここから本文です

オールスターの中継ぎ部門は決まり?地味な役割も圧倒的な存在感を見せる2人

ベースボールキング 6月8日(水)11時30分配信

 日本野球機構では6月1日以降、20日までオールスターのファン投票が土日を除いて毎日更新されている。中継ぎ部門を見るとセ・リーグは田島慎二(中日)が76,539票を集め、2位三上朋也(DeNA)の39,797票に大差をつけてトップを走る。パ・リーグも牧田和久(西武)が2位の森唯斗(ソフトバンク)に4万票近くの差をつけている。

 セ・パともに田島、牧田に票が集中するほど開幕から存在感を発揮。田島は7日のオリックス戦で今季初失点を喫したが、今季初登板となった3月26日の阪神戦から31試合連続無失点記録。開幕からの連続無失点の日本記録を樹立した。

 これまでの田島といえば、走者を出してから甘い球を痛打される場面が目立ったが、今季は得点圏に走者を背負っても動じなくなった1点リードの8回からマウンドに上がった5月13日の広島戦は、それを象徴する試合となった。

 先頭のエルドレッドに安打を浴びると一死後、連続四球で満塁のピンチを作る。ここで崩れるケースが多かったが、田島は代打の松山竜平を外角のストレートで4-6-3のダブルプレーに打ち取り、最大のピンチを0で切り抜けた。

 5月の後半からは、不調が続いた福谷浩司に代わり抑えに配置転換。ここまで3セーブを挙げるなど、セットアッパーのときと変わらず安定した投球を続けている。

 パ・リーグの中継ぎ部門でトップを走る牧田和久も、チームに欠かせない働きを見せている。チーム事情により開幕からリリーフを務めているが、勝ちゲームの8回を担当することもあれば、先発投手が序盤でノックアウトされた後のロングリリーフを務めるなど、“ユーティリティー”に活躍する。

 4月30日のソフトバンク戦は、“ユーティリティー”ぶりを見せつけた試合となった。同点の7回から登板し、9回までの3イニングを無失点に抑えると、試合は9回で決着がつかず同点のまま延長戦へ。牧田は延長10回もマウンドに上がり、この回を投げ終えたところで降板。試合は延長12回引き分け。“ロングリリーフ”の牧田の好投がもたらした引き分けとなった。

 その他、セ・リーグではリーグ最多の19ホールドをマークする三上朋也(DeNA)、長年勝ちパターンの一角として活躍するマシソン(巨人)、パ・リーグも開幕から安定した投球を続ける内竜也(ロッテ)、マーティン(日本ハム)などがいる。だが、今季に限っては開幕から印象に残る活躍を見せる田島と牧田の2人が当選されそうだ。

BASEBALL KING

最終更新:6月8日(水)11時41分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]