ここから本文です

開催国のアメリカが4発大勝…デンプシーらの活躍でコスタリカ下す

SOCCER KING 6月8日(水)10時59分配信

 コパ・アメリカ センテナリオ USA 2016のグループステージ第2戦が7日に行われ、アメリカ代表とコスタリカ代表が対戦した。

 グループAはアメリカ、コロンビア、コスタリカ、パラグアイの4カ国がグループ突破を争う。開催国のアメリカは初戦でコロンビアに0-2の完敗を喫し、黒星スタートを切った。一方、コスタリカはパラグアイとの初戦をスコアレスドローで終えた。両チームとも大会初勝利を目指してこの試合に臨んだ。

 試合は前半の立ち上がりにスコアが動く。9分、右サイドのデアンドレ・イェドリンからクロスが上がると、エリア内でコスタリカのクリスティアン・ガンボアがボビー・ウッドを押し倒してしまい、アメリカにPKが与えられる。これをキッカーのクリント・デンプシーがゴール右に沈め、アメリカが幸先良く先制した。

 1点を追うコスタリカにアクシデントが発生する。18分、相手との接触で負傷したマルコ・ウレーニャが早々に交代。アルバロ・サボリオが緊急出場した。

 その後もカウンターからアメリカが素早い攻撃を見せる。33分、中盤からアレハンドロ・ベドヤ、デンプシーとつなぎ、デンプシーからパスを受けたギャシ・ザーデスがエリア内右から右足シュート。しかし、ここは惜しくも枠の上に外してしまった。

 続く37分、ジャーメイン・ジョーンズがハーフウェイラインの左サイドでボールをカットすると、これを拾ったデンプシーがドリブルで前線まで持ち込む。エリア手前で相手をかわしにかかると、流れたボールがエリア内左のジョーンズの足元へ転がる。ジョーンズが右足でゴール右下に蹴りこみ、アメリカが追加点を奪った。

 その後もアメリカの勢いは止まらない。42分、左サイドのベドヤ、デンプシーとつなぎ、デンプシーがエリア手前のウッドへパス。ウッドが振り向きざまに右足シュートを放つと、これがゴール左下に決まり、アメリカが3点差をつけた。このまま3-0でハーフタイムを迎える。

 コスタリカは後半開始から交代枠を使い切る。ガンボアとジョエル・キャンベルを下げ、ホセ・サルバティエラとランダル・アソフェイファを投入した。

 なんとか1点を返したいコスタリカ。67分、左サイドのクリスティアン・ボラーニョスがクロスを入れると、ゴール前のブライアン・ルイスがヘディングシュート。しかし、ここは左ポストを直撃してしまい、得点につなげることができなかった。

 試合終盤の87分にはアメリカのグレアム・ズシが高い位置でボールを奪い、ドリブルから右足シュートを決めて4点目を奪った。このまま、アメリカが4-0でコスタリカを下し、大会初勝利を挙げている。これでアメリカは1勝1敗の勝ち点3、コスタリカは1分け1敗の勝ち点1となった。

 11日に行われる第3戦で、アメリカはパラグアイ代表と、コスタリカはコロンビア代表と対戦する。

【スコア】
アメリカ代表 4-0 コスタリカ代表

【得点者】
1-0 9分 クリント・デンプシー(PK)(アメリカ代表)
2-0 37分 ジャーメイン・ジョーンズ(アメリカ代表)
3-0 42分 ボビー・ウッド(アメリカ代表)
4-0 87分 グレアム・ズシ(アメリカ代表)

【グループA順位】
(左から消化試合数/勝点/勝敗/得失点差)
1位 コロンビア 2/6/2勝/+3
2位 アメリカ 2/3/1勝1敗/+2
3位 パラグアイ 2/1/1分1敗/-1
4位 コスタリカ 2/1/1分1敗/-4

SOCCER KING

最終更新:6月9日(木)9時3分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。