ここから本文です

コパ初戦黒星のチリに痛手…左サイドバックが負傷、大会から離脱

SOCCER KING 6月8日(水)9時22分配信

 6日に行われたコパ・アメリカ センテナリオ USA 2016のグループリーグ第1節アルゼンチン代表戦で、チリ代表のDFエウゲニオ・メナ(サンパウロ)が負傷。同大会から離脱することとなった。チリ紙『ラ・ナシオン』の電子版が伝えている。

 メナはアルゼンチン代表戦の53分、右太ももに痛みを感じてFWファビアン・オレジャーナ(セルタ)と交代。試合後に受けた検査の結果、右大腿部の筋断裂と診断されたため、一足早く大会から離脱することが決定した。

 メナが務めていた左サイドバックは、アルゼンチン戦で左ウイングとしてプレーしたMFジャン・ボセジュール(コロコロ)が務めると見られている。

 チリは10日にボリビア代表と、14日にパナマ代表と対戦する予定となっている。

SOCCER KING

最終更新:6月8日(水)9時49分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。