ここから本文です

ドルトのエースFWオーバメヤン、マンC加入有力か…移籍金は90億円超

SOCCER KING 6月8日(水)11時33分配信

 日本代表MF香川真司のドルトムントに所属するガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンが、マンチェスター・Cへ移籍する可能性が高まっているようだ。イギリス紙『デイリーメール』が8日に報じている。

 報道によると、マンチェスター・Cがオーバメヤン獲得に迫っているようだ。同クラブは移籍金5800万ポンド(約90億2000万円)を用意し、「獲得の準備が整った」と報じられている。マンチェスター・Cは2日にドイツ人MFイルカイ・ギュンドアンを獲得しており、オーバメヤンの加入が決まると、今夏の移籍市場でドルトムントから2人目の選手補強となる。

 オーバメヤンは1989年生まれの26歳。ミランの下部組織出身で、レンタル移籍でフランス国内のクラブを渡り歩いた。2011年からはサンテティエンヌでプレーし、2013年にドルトムントへ移籍。今シーズンはブンデスリーガ31試合に出場、得点ランク2位の25ゴールを記録した。

SOCCER KING

最終更新:6月8日(水)11時33分

SOCCER KING