ここから本文です

移籍に備え?…レスターがカンテの後釜確保へ、仏期待の23歳と個人合意か

SOCCER KING 6月8日(水)11時46分配信

 日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターが、ニースに所属する元U-21フランス代表MFナンパリス・メンディの加入で個人合意に至ったようだ。フランスメディア『RMC Sport』が報じ、イギリス紙『エクスプレス』が7日付で伝えている。

 パリ・サンジェルマンやチェルシー、アーセナルからの興味が報じられ、今夏の移籍市場での退団が噂されるレスターのフランス代表MFエンゴロ・カンテ。プレミアリーグ王者の中盤を支えたダイナモの放出を見越して、レスターは代役候補の獲得に近づいているようだ。

 昨シーズンのリーグ・アン全38試合に先発出場した23歳のメンディは、リーグ4位と躍進したニースをキャプテンとして支えた期待の若手MF。レスターは移籍金1200万ポンド(約18億7000万円)のオファーを提示し、すでに同選手との個人合意に至った模様だ。

 身長168センチメートルと小柄なメンディは、豊富な運動量や巧みなポジショニング、優れたパスセンスなどを特長としている。169センチメートルのカンテと似た体格で、プレースタイルも似ている。メンディは2010年から2013年にかけて所属したモナコでクラウディオ・ラニエリ監督の下でプレーしていたこともあり、“師弟関係”復活なるか、注目が集まっている。

SOCCER KING

最終更新:6月8日(水)12時9分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]