ここから本文です

デ・ヘア出場で格下に不覚…“カシージャス先発”がツイッターのトレンドに

SOCCER KING 6月8日(水)13時8分配信

 7日に行われた国際親善試合でジョージア(グルジア)代表と対戦し、スペイン代表は0-1で敗れた。ユーロ2016開幕前最後のテストマッチでFIFAランキング137位の相手に不覚を取る形となった。

 ユーロ2016で大会3連覇を目指すスペイン代表にあって、大きな関心事のひとつが正守護神の行方だ。栄光の時代を築いたキャプテンのGKイケル・カシージャス(ポルト)か、プレミアリーグで苦しむマンチェスター・Uで孤軍奮闘するGKダビド・デ・ヘアか。ジョージア戦はデ・ヘアが先発出場したが、格下相手に敗れることとなった。

 テストマッチとはいえ、格下相手の敗戦はGKのポジション争いにも大きな影響を与えているようだ。スペイン紙『マルカ』が報じている。

 敗戦の影響はSNSですぐに表れた。ツイッターでは、ジョージア戦で出場機会がなかったカシージャスをスタメンにすべきだという#CasillasTitular(カシージャス・スタメンの意味)というワードがツイートされ、すぐさまトレンドとなった。

 デ・ヘアが敗戦の直接の要因となったわけではないが、カシージャスを信奉する人、もしくはインターネットで皮肉を言いたい人々が発信し、同選手の先発起用を訴えている模様だ。

 ビセンテ・デル・ボスケ監督はユーロ2016での正守護神を決めかねているという。スペインは13日、グループD初戦でチェコと対戦する。果たして、ゴールマウスを守っているのはどちらの選手だろうか。

SOCCER KING

最終更新:6月8日(水)14時6分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。