ここから本文です

左DFを探すレアル、コエントランが復帰へ…今季はモナコへレンタル

SOCCER KING 6月8日(水)17時1分配信

 モナコへレンタル移籍で加入しているポルトガル人DFファビオ・コエントランが、レアル・マドリードへ復帰する見通しとなった。スペイン紙『マルカ』が7日に報じている。

 28歳のコエントランは昨年夏、レアル・マドリードからモナコへレンタル移籍で加入。今シーズンはリーグ・アン全38試合中15試合に出場、3ゴールを記録した。

 報道によると、6月末でモナコへのレンタル移籍期間が満了となるコエントランがレアル・マドリードに復帰し、来シーズンは同クラブでプレーする見通しという。同選手は3月14日の練習中に右足を負傷し、手術を受けて復帰を目指している状況。全治には3カ月から6カ月を要すると見込まれており、ユーロ2016は欠場を強いられることとなった。

 レアル・マドリードは左サイドバックを務めるブラジル代表DFマルセロの控え選手を探し、ヴォルフスブルクのスイス代表DFリカルド・ロドリゲスを補強候補に挙げていた。しかし今回の報道によれば、コエントランを復帰させることでマルセロのバックアッパーを確保し、同ポジションの問題を解決させる意向のようだ。

 なお同紙によれば、コエントランとレアル・マドリードとの契約は2019年まで残っている。同選手は古巣ベンフィカからも関心を示されている模様だが、レアル・マドリード復帰を選択するようだ。

SOCCER KING

最終更新:6月8日(水)17時7分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報