ここから本文です

マンU移籍阻止へ…バルサ、メッシに35歳までの長期契約準備か

SOCCER KING 6月8日(水)17時1分配信

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシに対して、バルセロナが2022年6月末までの長期契約を準備しているようだ。アメリカメディア『bleacher report』が報じている。

 今回の報道によると、バルセロナはメッシに対して2022年6月末までの新契約を準備している。同クラブのスポーツディレクターを務めるロベルト・フェルナンデス氏は、長期契約を提示することで他クラブへ移籍する可能性を排除したいようだ。新契約が満了となる2022年6月末時点で、1987年6月27日生まれのメッシは35歳になっている。

 メッシについては、3日付のイギリス紙『デイリーメール』が、2017年夏の移籍市場でマンチェスター・Uへ移籍する可能性を報道。バルセロナとの現行契約が2018年の夏で満了を迎える同選手の獲得を目指し、マンチェスター・Uが3週間で2回、メッシと接触したと報じられた。

 脱税容疑で告発されたメッシは2日、父親のホルヘ・メッシ氏とともに裁判所へ出廷して容疑を否定した。同選手は裁判をめぐるスペインメディアの報道や自身を取り巻く環境に苛立ち、精神的に傷つけられていると周囲に漏らしていると、併せて報じられている。

SOCCER KING

最終更新:6月8日(水)17時8分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。