ここから本文です

ブラジルW杯優勝メンバーのMFクラマー、古巣ボルシアMG復帰か

SOCCER KING 6月8日(水)18時46分配信

 レヴァークーゼンに所属するドイツ人MFクリストフ・クラマーが古巣へ復帰する可能性が浮上している。ドイツ誌『スポーツビルト』が7日に報じた。

 クラマーは2013-14シーズンから2シーズンにわたり、レヴァークーゼンからボルシアMGへレンタル移籍。移籍先で同選手は大きく成長し、ドイツ代表の一員として2014年のブラジル・ワールドカップ優勝を果たすまでになった。

 そして今シーズン、レンタル移籍を終えてレヴァークーゼンに戻ったクラマー。だが報道によると、ボルシアMGは現在、同選手との契約を真剣に目指しているという。当初、レヴァークーゼン側は移籍金として2000万ユーロ(約24億5000万円)を要求し、ボルシアMG側は1300万ユーロ(約15億9000万円)を支払うつもりだったが、両者は互いに歩み寄り、1500万ユーロ(約18億4000万円)で落としどころをつけたようだ。

 レヴァークーゼンでスポーツディレクターを務めるルディ・フェラー氏は地元紙『エクスプレス』に対し、「クリストフ(クラマー)のポジションは競争が激しい。ボルシアMGと移籍について話し合いがあったことを認めよう」とコメントしており、クラマーの古巣復帰に向けた交渉は着実に進んでいるという。

 クラマーは1991年生まれの25歳。今シーズンはブンデスリーガで28試合に出場した。3月下旬の国際Aマッチウイークではドイツ代表に招集されたが、ユーロ2016メンバーには選出されなかった。

SOCCER KING

最終更新:6月8日(水)18時46分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。