ここから本文です

ユーロ開幕前の悲劇…独代表リュディガー、じん帯断裂の大ケガで離脱

SOCCER KING 6月8日(水)18時11分配信

 ローマに所属するドイツ代表DFアントニオ・リュディガーが右ひざ前十字じん帯断裂の大ケガを負った。クラブの公式HPが伝えている。

 ユーロ2016に臨むドイツ代表メンバーに名を連ね、トレーニングキャンプに参加していたリュディガー。発表によると同選手は、フランスのエヴィアンで行われたキャンプ初日のトレーニングで負傷した。リュディガーはすぐに病院に搬送され、右ひざ前十字じん帯を断裂と判明。イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、全治まで6カ月を要する模様で、ユーロ2016欠場が決定した。

 現在23歳のリュディガーは、昨夏の移籍市場でシュトゥットガルトからローマにレンタル移籍で加入。セリエA初挑戦となった今シーズンは30試合出場2ゴールを記録し、5月30日に完全移籍へ移行するオプションが行使されたばかりだった。なお、同選手はチェルシー移籍の可能性が報じられていたが、今回の負傷により、他クラブへの移籍は暗礁に乗り上げるものと予想される。

 ユーロ開幕直前で大けがを負ったリュディガーに対して、ローマは公式ツイッターにて「がんばれ、リュディガー。ローマはともにいる」と、励ましのメッセージを綴っている。

SOCCER KING

最終更新:6月8日(水)18時11分

SOCCER KING