ここから本文です

スペイン、痛恨のミスから失点…格下に敗戦で3連覇目指すEUROへ

ゲキサカ 6月8日(水)7時49分配信

[6.7 国際親善試合 スペイン0-1ジョージア]

 国際親善試合が7日に行われた。最新FIFAランキング6位のスペイン代表はホームで137位のジョージア代表と対戦し、0-1で敗れた。13日にはEURO2016の初戦でチェコ代表と対戦する。

 スペインは前半3分、左CKの流れからMFチアゴ・アルカンタラがクロスを供給すると、ニアでDFジェラール・ピケがフリックし、ファーサイドでDFセルヒオ・ラモスがスライディングで押し込もうとしたが、わずかに届かず。同27分には、PA手前の右でFWルーカス・バスケスが落とし、チアゴが右足を振り抜くも、これは左ポストに嫌われた。

 スペインが再三のチャンスを決めきれないでいると、ジョージアに先制点を許してしまう。前半40分、ハーフェーライン付近でのDFジョルディ・アルバの横パスを奪われ、そのままカウンターを食らう。最後はMFジャバ・ジガウリの折り返しをMFトルニケ・オクリアシュビリに右足で流し込まれた。

 ミスから痛恨の失点を喫したスペインは、後半19分、MFアンドレス・イニエスタのインターセプトからFWノリートが右足ミドルもゴール左。同25分にはノリートが敵陣中央でボールを奪い、強引に中央突破。PA手前の左から左足を振り抜いたが、威力はなく、GKの正面に飛んでしまった。

 後半31分にはFWペドロ・ロドリゲスを投入し、さらに攻勢を強めたスペインだが、ジョージアの守備を崩すことができず、0-1のままタイムアップ。再三のチャンスをモノにできず、3連覇を目指すEURO2016前最後のテストマッチで不安を残す結果に終わった。

最終更新:6月8日(水)7時49分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]