ここから本文です

[コパ・アメリカ]開催国アメリカが4発快勝で今大会初勝利! GL突破に望みつなぐ

ゲキサカ 6月8日(水)11時0分配信

[6.7 コパ・アメリカA組第2節 アメリカ4-0コスタリカ]

 コパ・アメリカは7日、グループAの第2節を行った。開催国アメリカ代表はコスタリカ代表と対戦し、4-0で今大会初勝利を飾った。12日の第3節ではアメリカはパラグアイ代表と、コスタリカはコロンビア代表と対戦する。

 完全アウェーのコスタリカの方がゲームの入りは良かった。しかし、先制点を挙げたのはアメリカだった。前半7分、右サイドからDFデアンドレ・イェドリンがクロスを供給すると、FWボビー・ウッドがDFクリスティアン・ガンボアに倒され、PKを獲得。キッカーのFWクリント・デンプシーが落ち着いてゴール右に流し込み、開催国アメリカが今大会初得点を記録した。

 これでスタジアムの雰囲気は一気に変わり、アメリカが攻撃に出るコスタリカから追加点を奪う。前半37分、最終ラインへプレッシャーをかけたMFジャーメイン・ジョーンズがハーフェーライン付近でボールを奪うと、これを受けたデンプシーが中央突破。PA手前で相手DFにカットされるもこぼれ球をPA手前の左で拾ったジョーンズが右足でゴール右隅に流し込み、2-0とした。

 さらにアメリカは前半終了間際の42分、デンプシーのパスをペナルティーアーク内で受けたウッドが反転から素早く右足を振り抜き、ゴール左隅に決めて、3-0で前半を折り返した。

 前半にまさかの3失点を喫したコスタリカは後半開始からDFホセ・サルバティエラとMFランダル・アソフェイファを入れ、逆転を狙いに行く。後半10分、左サイドでパスを受けたMFブライアン・ルイスが中央のスペースにラストパス。ゴール前に走り込んだMFセルソ・ボルヘスが相手DFのプレスよりも早く右足を振り抜いたが、わずかにゴール上に外れた。

 さらに攻め込むコスタリカ。後半12分には左サイドからのクロスをB・ルイスが頭で合わせる。打点の高いヘディングシュートが枠に飛んだが、左ポスト直撃。チャンスをいかし切れないでいると、後半43分に高い位置でボールを奪われ、MFグラハム・ズシにダメ押しゴールを食らった。試合はそのまま0-4で敗戦。1分1敗のコスタリカのグループリーグ突破は厳しい状況となった。

最終更新:6月8日(水)11時0分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合