ここから本文です

岡山が逆転勝利で2連勝…徳島は終盤の猛攻実らず

ゲキサカ 6月8日(水)21時9分配信

[6.8 J2第17節 徳島 2-3 岡山 鳴門大塚]

 J2は8日、第17節を開催し、鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムでは徳島ヴォルティスとファジアーノ岡山が対戦。前半20分に先制を許した岡山だが同30分と同39分にネットを揺らして逆転に成功すると、後半22分に追加点を奪ってリードを2点差に広げる。その後は徳島の反撃を1点に抑え、岡山が3-2の勝利を収めて2連勝を飾った。

 前半20分に試合を動かしたのはホームの徳島だった。自陣左サイドからドリブルを開始したFW山崎凌吾が前線まで運ぶと、スルーパスに反応してPA内に進入したFW佐藤晃大が左足で落ち着いてネットを揺らし、スコアを1-0とした。

 しかし前半30分、FW伊藤大介が蹴り出したCKをニアサイドのMF片山瑛一がすらすと、ファーサイドに走り込んだDF竹田忠嗣が押し込み、岡山が試合を振り出しに戻す。同点に追い付いた岡山はさらに同39分、左サイドを突破した片山のグラウンダーのクロスを伊藤が鮮やかに左足で合わせてネットを揺らし、逆転に成功した。

 2-1と岡山がリードしたまま後半を迎えると、後半22分に岡山が追加点を奪取する。後方から送られたボールをゴール前の片山が胸で落とすと、反応したFW押谷祐樹が左足シュートでネットを揺らし、リードを2点差に広げた。

 反撃に出る徳島は同33分にFW渡大生がゴールを陥れて1点差に詰め寄ると、同39分には後方から送られたパスで抜け出したFW長谷川悠がゴールを脅かしたものの、シュートはポストを叩いてしまう。その後も猛攻を仕掛ける徳島だったが、岡山が粘り強い守備で同点ゴールを許さずに3-2の勝利を収めた。

最終更新:6月8日(水)21時11分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。