ここから本文です

ウッドは3W1本だけ 4連勝を狙うジュタヌガンの男前セッティング

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月9日(木)10時5分配信

米国女子ツアーで今もっともホットな選手といえば、初優勝を含む出場3試合で連続優勝中のアリヤ・ジュタヌガン(タイ)、20歳。今週の「KPMG女子PGA選手権」で初のメジャータイトルとともに4連勝に挑戦する。

【画像】ウッドが1本だけ キャディバッグの中味はこちら

今週の舞台、サハリーCC(ワシントン州)を評して「私にとってはとても難しい。コースが狭すぎる」と嘆いたジュタヌガン。だが、彼女には戦略がある。3連勝目を飾った「LPGAボルヴィック選手権」と同様に、キャディバッグから1Wを抜く決断をした。

ウッドは3Wの1本だけ。その下は2IからPWという9本のアイアンに、ウェッジが50、56、60度の3本。それにパターという構成だ。

ジュタヌガンのクラブセッティングは以下となる模様。


3W:テーラーメイド エアロバーナー フェアウェイウッド(15度)
アイアン:テーラーメイド Rsi TP UDL(2I、4I)、キャロウェイゴルフ APEX ユーティリティ アイアン(3I)、タイトリスト AP2 716 アイアン(5I-PW)
ウェッジ:タイトリスト ボーケイデザイン SM6ウェッジ(50、56、60度)
パター:オデッセイ ワークス クルーザー パターV-LINE
ボール:タイトリスト PRO V1X

なお、「LPGAボルヴィック選手権」で予選ラウンド2日間をジュタヌガンと一緒に回った世界ランク1位のリディア・コー(ニュージーランド)はこう話している。「1Wを入れていない人と一緒に回ったことはなかった。でも、そのセッティングは完璧だった。彼女は3Wで私の1Wより30~40yd先に行っていた。曲がらずに遠くまで」。(ワシントン州サマミッシュ/今岡涼太)

最終更新:6月9日(木)15時59分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]