ここから本文です

ルージュバックなど、エプソムC厩舎情報/美浦トレセンニュース

netkeiba.com 6月9日(木)14時30分配信

 エプソムC(GIII・芝1800m)に出走するルージュバック(牝4・美浦・大竹正博)が、9日(木)にウッドチップコースで併せ馬で追い切り、力強いフットワークを披露した。追い切り後、大竹調教師に話を聞いた。

「ルージュバックが動き過ぎて相手がついて来られないので、前の離れた位置に1頭置いておいて、後ろから2頭で併せて、ゴールを過ぎてから先に行っていた馬に併せる形にしました。2頭併せというより、2段階併せですね。前の週の土曜日に時計を出した時には水曜追いをしているのですが、先週末は日曜日に時計を出したので、水曜だとタイトになりますし、木曜追いにしました。

 前走のヴィクトリアマイル(GI・5着)は、1600mという距離とフルゲートになったこともあって忙しかったですね。現状では左回りの方が良いですし、条件は今回の方が良いです。1度叩いて良い感じに戻ってきましたし、以前のように必要以上に脚を上げて走るところはなくなりました。ここのところ脂肪が乗りやすくなっていますので少し絞っていくイメージで調整していますが、中3週での競馬なので体のラインはシャープになっています」

 ショウナンバッハ(牡5・美浦・上原博之)も、9日(木)に坂路コースで追い切った。上原調教師のコメント。

「レースの間隔が詰まっていますので、今日は坂路で追い切りました。競馬を使ってきていることもあり、体はできていますね。前走(目黒記念・GII・9着)は終いだけの競馬でしたので、レース後の疲れもさほどなかったのですが、やはりこの馬は後方で1頭ポツンと追走する形が合っているようです。今の東京は前残りの傾向がありますが、今回は距離も短くなりペースも流れるので、競馬はしやすいのではないでしょうか。レース展開などがうまく噛みあえば、チャンスもあるでしょう」

(取材・写真:佐々木祥恵)

最終更新:6月9日(木)14時30分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]