ここから本文です

【UFC】レスナーと対戦決定のハント「パンチで唇を飛ばしてやる」

イーファイト 6月9日(木)11時52分配信

 7月9日(土・現地時間)ラスベガスで開催されるUFCの200回記念興行『UFC 200』にて、アメリカのプロレス団体『WWE』で活躍する元UFCヘビー級王者ブロック・レスナー(アメリカ)との対戦が決まったマーク・ハント(ニュージーランド)のコメントがハントの公式サイトに掲載された。

【フォト】「UFC FIGHT NIGHT JAPAN 2014」マーク・ハントvsロイ・ネルソンの試合の模様

 インタビューを受けたハントは「2、3週間前に7月に向けて準備しておくよう連絡を受けた時、凄くやる気に満ち溢れたよ。その時は相手がレスナーだとは知らなかったけれど、相手は誰であろうと関係ないさ」とUFCの200回記念ビッグマッチへの出場を喜んでいる。

 レスナーに対しては「特別扱いはしない。俺はあいつの顔面を殴りに行く。口にもパンチを入れて唇を飛ばしてやる」と宣戦布告。

 さらに「彼はここ(UFC)を行ったり来たり出来るゲームか何かのように思っているんだろう。俺はこの偽者を返り討ちにしてやるさ。ここは本物のファイター達のための場所だ。偽者のファイター達の場所ではない」と、1試合限定というかたちでUFC復帰が決まったレスナーに対し敵意を剥き出しにした。

 2010年にUFCに参戦したハントは現在ヘビー級8位の位置に付ける。2001年にK-1 WORLD GPを制した剛腕を武器に、UFCではロイ・ネルソン、アントニオ・シウバ、フランク・ミアといったヘビー級トップファイターから勝利を収めており、現在2連勝中。

 今年でMMA転向から12年目を迎え、熾烈なUFCヘビー級戦線を生き残ってきた42歳のハントが打倒レスナーに燃える。

最終更新:6月9日(木)11時52分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]