ここから本文です

「カップがない…」宮里美香がパットの練習を切り上げた真意

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月9日(木)11時51分配信

9日にワシントン州のサハリーCCでスタートする「KPMG女子PGA選手権」の開幕前日、練習グリーンで球を転がしていた宮里美香が、加藤大幸キャディのところに戻ってきてポツリと言った。「カップがないからやめる――」。

最新画像続々アップ!「KPMG女子PGA選手権」フォトギャラリー

確かに練習グリーンには人が溢れ、混雑していた。だが、もちろんそれが本当の理由ではない。「メジャーはこういう雰囲気だし、やらなきゃ、やらなきゃって、オーバーワークになると負担になる。いつもと違うことをすると、自分のリズムも違ってくるし同じペースでやるっていうのも大事なこと」。宮里にとっては、力を入れ過ぎないことも調整の一つだ。

6日(月)に9ホール、7日(火)は練習だけを行って、開幕前日の8日(水)もまた9ホール。メジャーセッティングを警戒する気持ちを抑えるようにペースを守った。

「フロントナインは2打目で(木で)スタイミーになるところが多い。バックナインは逆にティショットでスタイミーになるところが多い。グリーンはそこまで速くはないけど、幅が狭いし、グリーン回りにはしっかりしたラフがある。攻略しがいのあるコース」が、開幕前のコース評だ。

前週は今季初のトップ10入りとなる6位に入った。オリンピックの出場権争いでは激しい2番手争いを続けている。結果ばかりを気にしていては、良いパフォーマンスは期待できない。「気負い過ぎないように」と自分に念を押し、目の前の1打に集中する。(ワシントン州サマミッシュ/今岡涼太)

最終更新:6月9日(木)11時51分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)