ここから本文です

若手俳優とモト冬樹が戦う?『コンチュウジャー』開幕!

チケットぴあ 6月9日(木)17時22分配信

劇団・犬と串のモラルが作・演出を務めるシュールコメディ『昆虫戦士コンチュウジャー』が、6月8日、東京・紀伊國屋ホールにて開幕した。

舞台&会見写真、7点

本作は、地球の味方“昆虫戦士コンチュウジャー”と侵略者“爬虫類帝国”の戦いを描く新感覚のシュールコメディ。主役の中年「ヤゴ」戦士・時羽奏(ときわそう)をモト冬樹が務めるほか、元・特撮ヒーローの馬場良馬と斉藤秀翼、Berryz工房の須藤茉麻など個性的なキャストが顔を揃えた。

ストーリーは2XXX年、爬虫類帝国の襲来で地球は未曽有のピンチに。科学技術で人間に昆虫の能力を与える「昆虫戦士コンチュウジャー計画」に未来が託される。そこで選ばれた5人の若者は、ひとまず地球のことは地球防衛軍に任せ、完全なる昆虫パワーを得るべく蛹(さなぎ)となり眠りにつく。30年もの年月が経ち、ようやく目覚めた若者たち。コンチュウジャーとして再び集合すると、ひとり中年男性が混じっていた…! モチーフが「トンボ」の時羽奏は、生態が不完全変態だったため、蛹になることなく普通に歳をとってしまったのだ…。そして地球もこの30年で何かが変わっていた――。

若手俳優にひとり混ざるモト冬樹、のインパクトも去ることながら、ストーリーもシュール。30年前の血で血を洗う戦いは、「やることがないから戦うんだ」と就職のあっせんにより沈静化。それでもまだなんとなく戦い続けてしまっている爬虫類帝国だが、争いが勃発するたびに時羽奏が「まあ、まあ」と諫めてしまう。実際、帝国の最高幹部の面子も真面目な努力家やインテリ気取りなど、悪役としてはポンコツ揃い。コンチュウジャーについても、例えば馬場が演じるカブトムシ戦士は口癖の「そうだろ、みんな!?」がヒーロー感たっぷりだが、時羽奏に「そういう熱血漢な感じ、頭悪そう」といなされるなど、ヒーローもののセオリーが次々と覆されてしまう

特撮ヒーロー風の動きや発想はこの舞台では違和感を生み、掛け合いのテンポも抜群。どのシーンでもキャスト一人ひとりが光っている。笑いどころは数えきれないが、思わず心が打たれるエピソードもあり、観劇後は意外と特撮ヒーローものならではの清々しさも感じる舞台だった。

カーテンコールでは出演者全員によるライブがあり、モト冬樹はギタープレイも披露。公式サイトのテーマソングを覚えて行くとより楽しめそう!

MMJプロデュース公演『昆虫戦士コンチュウジャー』は6月12日(日)まで東京・紀伊國屋ホールにて。

取材・文:中川實穗

最終更新:6月9日(木)17時22分

チケットぴあ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。