ここから本文です

イ・ボミとキム・ハヌルが初日首位で火花 復帰戦の有村智恵も1打差

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月9日(木)18時4分配信

◇国内女子◇サントリーレディスオープン 初日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(兵庫)◇6511yd(パー72)

初日からハヌルと火花!イ・ボミのフォトギャラリー

賞金ランク2位のイ・ボミがボギーなしの6バーディ、同3位のキム・ハヌル(ともに韓国)は8バーディ2ボギーで、いずれも「66」とし、6アンダーの首位に並んで4日間大会を滑り出した。

1打差の3位には、福田裕子と今大会を約3年半ぶりの“国内ツアー復帰戦”に位置付ける有村智恵。10番スタートだった有村は、7番からの3連続バーディでホールアウトし、2012年「伊藤園レディス」(初日首位)以来の1ケタ順位発進でギャラリーの声援に応えた。

4アンダーの5位には、福田真未、青木瀬令奈ら4人。さらに1打差の10位には渡邉彩香、森美穂、堀琴音、金田久美子ら6人が続いている。

賞金トップの申ジエは1オーバーの56位。前年優勝の成田美寿々は3オーバー83位、前週優勝のポラニ・チュティチャイ(タイ)は5オーバーの105位と大きく出遅れた。

最終更新:6月12日(日)19時48分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]