ここから本文です

中里光之介がツアー初Vへ首位浮上/チャレンジ2日目

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月9日(木)18時49分配信

千葉県の鶴舞カントリー倶楽部東コースで開催されている国内男子チャレンジトーナメント「ISPSハンダグローバルチャレンジカップ 」2日目、20位から出た中里光之介が9バーディ、1ボギーの「64」をマークして通算11アンダーとし、後続に2打差の単独首位に立った。

キーワード入力で一発検索!ピックアップフォトギャラリー

この日、6番で3パットボギーを喫したが、「試合では初めて」という自身のベストスコアを記録。アジアンツアーなどで武者修行してきた23歳は「良い緊張感の中で頑張りたい」とレギュラーツアーの出場権もかかる最終日へ意気込んだ。

通算9アンダーの2位に佐藤えいちと原田大介、通算8アンダーの4位に広田悟、竹安俊也の2人が並んだ。初日首位の小袋秀人は2バーディ3ボギーの「73」でスコアを落とし、塚田好宣、上平栄道らと並び、通算6アンダー9位に後退した。

【上位の成績】
1/-11/中里光之介
2T/-9/佐藤えいち、原田大介
4T/-8/広田悟、竹安俊也
6T/-7/大田和桂介、岩本高志、池村寛世

最終更新:6月9日(木)18時49分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)