ここから本文です

Tegan and Sara、新作『Love You To Death』を携えての来日公演が決定

CDジャーナル 6月9日(木)17時3分配信

 Neil Young主宰「Vapor Records」からのリリース群で知られ、これまでに〈グラミー賞〉をはじめ〈ジュノー賞〉〈ワールド・ミュージック・アワード〉など数々のアワードでの受賞歴を誇るQuin姉妹によるカナディアン双子デュオ“Tegan and Sara(ティーガン&サラ)”が、『Heartthrob』(2013)以来約3年ぶりとなるニュー・アルバム『Love You To Death』を引き続きVapor Recordsよりリリース。国内盤(WPCR-17393 2,457円 + 税)の発売が7月27日(水)に決定しています。

 『Love You To Death』は、AdeleやBeck、Dido、Lily Allen、近年ではCharli XCXやSiaなどを手がけている名匠Greg Kurstinをプロデューサーに起用して制作されたポップ・アルバム。収録曲「Boyfriend」は、YouTube(youtu.be/HJOHoiPGpac)にてミュージック・ビデオを公開中。映画『パラサイト』(1998)、『ノイズ』(1999)、『17歳のカルテ』(1999)、『ゾディアック』(2007)などへの出演でおなじみの俳優・Clea DuVallがディレクションを務めています。

 また8月2日(火)には、同作を携え東京・代官山 UNITでの来日公演も決定。6月11日(土)12:00より各プレイガイドでのチケット先行受付がスタートします。一般販売は7月2日(土)10:00より開始。

最終更新:6月9日(木)17時3分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。