ここから本文です

TETSUYA(L'Arc~en~Ciel)ユニバーサルミュージックへ移籍、シングル2枚同時リリース

エキサイトミュージック 6月9日(木)12時45分配信

L'Arc~en~Ciel(ラルク アン シエル)のTETSUYAがユニバーサルミュージックとレコード契約を交わしたことが発表された。TETSUYAはユニバーサルミュージック内レーベルEMI Recordsの所属となる。

【この記事の関連画像をもっと見る】

TETSUYAは今年ソロデビュー15周年を迎え、約6年ぶりとなるソロプロジェクトを再始動。現在、全世界に最大級のネットワークを持ち、グローバルなマーケットシェアNo.1を誇るユニバーサルミュージック/EMI Recordsとのパートナーシップの元、移籍第1弾リリースが決定した。

9月7日(水)、『Make a Wish』『Time goes on ~泡のように~』の2枚のシングルを同時リリース。この新作は全世界へ向け、同日配信リリースもされる。

「Make a Wish」は書き下ろしの新曲で、「Time goes on ~泡のように~」はキャリア史上初となるラルクの名曲をセルフカヴァー。また、同2作品は、それぞれスペシャル映像を収めたDVD付初回限定盤やオリジナルグッズ付限定盤など、各4形態をラインナップする。

そして、この新曲を引っさげ、恒例のTETSUYAバースデーライヴの開催も決定した。『TETSUYA LIVE TOUR 2016「THANK YOU」』と銘打ち、10月3日(月)東京・赤坂BLITZ、5日(水)大阪BIGCAT、6日(木)名古屋ダイヤモンドホールの3会場で開催される。

≪リリース情報≫
■New Single
『Make a Wish』
2016.09.07リリース

【完全数量限定盤】CD+DVD+GOODS
UPCH-89270 / ¥4,600(税抜)
※DVD:「Make a Wish」Music Clip
※グッズ:TETSUYA オリジナル スマートフォンケース/カードケース セット
【初回限定盤A】CD+DVD
UPCH-89271 / ¥1,600(税抜)
※DVD:「Make a Wish」Music Clip / メイキング映像
【初回限定盤B】CD+DVD
UPCH-89272 / ¥1,600(税抜)
DVD:TETSUYA LIVE 2012“THANK YOU”(2012.10.3渋谷公会堂)より「EDEN」/「wonderful world」ライヴ映像
【通常盤】CD
UPCH-80436 / ¥1,000(税抜)

[収録曲]
1. Make a Wish 
2. lonely girl Jazzin'park Remix 
3. Make a Wish -Instrumental-

■New Single
『Time goes on ~泡のように~』
2016.09.07リリース

【完全数量限定盤】CD+DVD+GOODS 
UPCH-89273 / ¥4,600(税抜)
※DVD:「Time goes on ~泡のように~」Music Clip
※GOODS:TETSUYA オリジナル スタッキングマグ(2個セット)

【初回限定盤A】CD+DVD
UPCH-89274 / ¥1,600(税抜)
※DVD:「Time goes on ~泡のように~」Music Clip / メイキング映像
【初回限定盤B】CD+DVD
UPCH-89275 / ¥1,600(税抜)
※DVD:TETSUYA LIVE 2012“THANK YOU”(2012.10.3渋谷公会堂)より「Are you ready to ride?」/「蜃気楼」ライヴ映像
【通常盤】CD
UPCH-80437 / ¥1,000(税抜)

[収録曲]
1. Time goes on ~泡のように~
2. lonely girl DE DE MOUSE winter path mix
3. Time goes on ~泡のように~ -Instrumental-

≪ライブ情報≫
【TETSUYA LIVE TOUR 2016 「THANK YOU」】
2016年10月3日(月)東京 赤坂BLITZ
2016年10月5日(水)大阪 BIGCAT
2016年10月6日(木)名古屋 ダイヤモンドホール
◎チケット¥6,900(税込 / ドリンク代別)
◎チケット一般発売日:8月20日(土)

最終更新:6月10日(金)12時30分

エキサイトミュージック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。