ここから本文です

GLAY 自主レーベル名を「LSG」に改名、第一弾シングル『[DEATHTOPIA]』を8/3に発売

エキサイトミュージック 6月9日(木)13時15分配信

GLAYが自主レーベルの名称『loversoul music & associates』を『LSG』と変更し、2010年6月9日の設立より6周年を迎えた本日より新たに出発することを発表した。発表に伴いリーダーのTAKUROは「心機一転、更なる高みを目指してあらゆる可能性にチャレンジしていきたい」とコメントを寄せた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

同時に、テレビアニメ『クロムクロ』の第2クールのオープニングテーマも引き続きGLAYが担当することが発表され、その作詞作曲も第1クールに続きHISASHIが担当。楽曲名は「超音速デスティニー」と題され、アニメの世界観を元に書き下ろした楽曲で、新オープニングの初オンエアは7月7日(木)となる。

また、同アニメの第1期のオープニングテーマでiTunesや各音楽配信サイトで1位を獲得し話題を集めた「デストピア」を表題曲に、「超音速デスティニー」、そしてHISASHI作曲のライブ音源6曲を収録し、計8曲を収録したシングル『[DEATHTOPIA]』のリリースも決定した。

G-DIRECTでは早期予約購入者特典として、今年の『ニコニコ超会議2016』でのHISASHIのステージパフォーマンス映像を収めたライブDVDをプレゼント。またアニメイトではテレビアニメ『クロムクロ』チェンジングジャケットが購入者特典として配布される。

そして、CDのリリースを記念して、7月26日にZepp Tokyoでのライブ開催も決定。こちらの公演は対象のCDショップにて期間内に『[DEATHTOPIA]』を予約購入した人が抽選でチケット購入できる公演となる。対象ショップなどはバンドのオフィシャルサイトをチェックしよう。

■TAKUROコメント全文
GLAYの所属事務所であるラバーソウルが運営するレーベル『loversoul music & associates』は、2016年6月9日をもちまして、レーベル名を『LSG』に変更いたしました。
2010年6月に「GLAYがもっと音楽に対して真っすぐである為に」という想いを掲げ自社レーベル『loversoul music & associates』を立ち上げました。
同年8月からスタートさせたGLAY official Store G-DIRECTと共にGLAYのメンバー4人の想いの詰まった作品達を様々なアプローチでファンの皆様へ届けようと邁進して参りました。
6周年を迎えレーベル名を新たに『LSG』に変更し、心機一転、更なる高みを目指してあらゆる可能性にチャレンジしていきたいと考えております。
メンバー、スタッフ一同、いつもGLAYに寄り添い、共に歩んで来てくださった皆様に心より感謝しつつ、この節目に改めて初心に立ち返り、これからも真摯に音楽と向き合い、一歩一歩前進して行きたいと思っております。
今後とも何卒応援よろしくお願いいたします。

LSG代表 TAKURO
レーベルSTAFF一同

最終更新:6月10日(金)13時0分

エキサイトミュージック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。