ここから本文です

台湾証券取引所、インドネシアの台湾系企業に上場呼びかけ

中央社フォーカス台湾 6月9日(木)18時54分配信

(台北 9日 中央社)台湾証券取引所は、海外で事業を展開する台湾系企業の台湾での上場を呼びかけている。すでに中国大陸やシンガポール、ベトナム、タイの企業が上場を済ませており、今後はインドネシアの企業に対し進出を促すとしている。

同取引所はインドネシアについて、東南アジア諸国連合(ASEAN)の中で、最も人口ボーナスに恵まれた国だと強調。経済発展の初期段階にあり、台湾系企業にも多くの可能性があるとしている。

すでにジャカルタで説明会を開催。好評を得たとしており、今後はマレーシアやミャンマー、カンボジアの企業にも同様の働きかけを行う方針。

取引所の簡立忠副総経理(副社長)は、ASEAN諸国で展開する台湾系企業の原料や設備の供給元は台湾にあるとし、産業全体の輸出拡大につながるとしている。

(田裕斌/編集:齊藤啓介)

最終更新:6月9日(木)18時54分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。