ここから本文です

ストレイテナーが日本工学院で学生と作り上げたプレミアライブ

M-ON!Press(エムオンプレス) 6月9日(木)17時12分配信

6月5日に日本工学院 蒲田キャンパスでストレイテナーがプレミアムライブを行った。

このライブはジョージウィリアムズがMCを務める『GG』から派生したイベントで、その名も『GG NEXT 2016 supported by日本工学院』。

日々コンサートスタッフのことを勉強している学生が制作、音響、照明まで行うスペシャルなプログラムだ。

朝から降っていた雨も上がり、開場の1時間前からたくさんのお客さんが続々と集まった。100人も入ればギューギューの会場に熱気が充満していた。

ステージ上の楽器に手を伸ばせば届くくらいの距離。“本当にここにストレイテナーが来るの?”と疑いたくなるほど、貴重な環境だった。

今か今かと待つお客さんをスモークが包み始めた。まずはMCのジョージがステージ上に登場! 今回学生と共に作り上げるステージということで、学生チーフの石原くんを壇上に上げ、意気込み・思いを聞く。とても19歳と感じさせないしっかりしたコメントに、ジョージは目をまん丸にして感心していた。

いよいよメンバーが登場し、トークショーがスタート。最新アルバム『COLD DISC』の制作で苦労したエピソードなどを披露した。「今日がツアーの初日の気分です」というひと言に幅広い年齢層のファンがひとつになって大きな歓声を上げた。

照明も学生が担当するため、メンバーとジョージが無茶振りを始めた。「暗くして!」「スポット当てて!」などの無茶振りにも、見事に対応しお客さんからは拍手が起こる。そしてジョージがこの『GG NEXT』への思い、これからの音楽業界を盛り上げていきたい気持ちを語った。それに対しメンバーは「私たちが盛り上げますよ」と力強い言葉を残し、ライブの準備に入った。

そしてライブがスタート。SEに合わせメンバー再登場すると、自然と拍手と手拍子が起こった。そして1曲目の「DAY TO DAY」では、体を自然にリズムに乗せながら腕を掲げる観客。歓声が止まぬうちに2曲目「DISCOGRAPHY」へ。ホリエの「手をあげようぜ」のひと言で会場はさらに一体感を増す。サビでジャンプが起こるたび、会場の熱気は高まっていく。それに応えるようにメンバーも飛び跳ねて煽る。

“ツアー初日の気分”と言うだけあり、最新アルバムから新曲をどんどん演奏していく。「このライブでツアーが楽しみになったなー」とひと言。MCではジョージをモノマネも挟みつつ(笑)、次の曲へ。

「ディスコチューンです。踊っちゃってください」と言うとに「Alternative Dancer」へ。お客さんはディスコにいるかのように音楽を感じ揺れ始める。会場は一瞬静寂に包まれ「原色」へと流れる。虹色に光る照明が曲の世界観を美しく表現していた。

「シーグラス」では夕日をイメージする照明が会場全体を照らす。そしてラストは「覚星」へ。今までのノリとはまた違い、音楽・歌に聴き入る観客も多く見られた。演奏が終わるとメンバーはステージから降りて行く。

アンコールを期待する手拍子にメンバーが登場。出てくるなり、学生チームに向け「将来有望だ」と絶賛した。メンバー紹介を挟みアンコール1曲目「Melodic Storm」へ。アンコールだが、まだまだ会場の温度は上がり続ける。照明に照らされた、メンバー・お客さんの笑顔が印象的だった。

そしていよいよラストは「From Noon Till Dawn」、感想でホリエが「GG NEXT最高!」と叫ぶと大歓声が沸き起こる。すべての演奏が終了し、ジョージも登壇。「どう、よかった?」という呼びかけに歓声・拍手が起こり、その後ストレイテナー、ジョージ、お客さんによる集合写真撮影が行われた。

ジョージが「ライブどうだった?」と聞くと、メンバーは「いつも通り楽しめた」と感想を述べる。ジョージからは「いつも通りのライブができたということは最高の褒め言葉だね」と学生を褒め、お客さんから歓声と拍手が起こった。メンバーは「ライブ来てね」という言葉を残し、ステージを降りて行った。

SETLIST
01.DAY TO DAY
02.DISCOGRAPHY
03.The Place Has No Name
04.Dark City
05.Alternative Danser
06.原色
07.シーグラス
08.覚星

リリース情報
2016.05.18 ON SALE
ALBUM『COLD DISC』
Virgin Records

ライブ情報
Step Into My World TOUR
詳細はこちら

プロフィール
ストレイテナー/ホリエアツシ(vo、g、p)、ナカヤマシンペイ(ds)、日向秀和(b)、大山 純(g)。2004年にアルバム『LOST WORLD’S ANTHOLOGY』でメジャーデビュー。

オフィシャルサイト

最終更新:6月9日(木)17時12分

M-ON!Press(エムオンプレス)

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。