ここから本文です

脱北者が韓国軍に志願入隊、満期除隊へ=初めてのケース

WoW!Korea 6月9日(木)10時58分配信

脱北者が韓国軍に志願入隊し、満期除隊するという初の事例が誕生した。

 9日、軍関係者は「脱北者であるA氏(21)が2014年6月、空軍に入隊。ことし2月に満期除隊した」と明かした。 

 脱北者に兵役義務はなく、志願した場合のみ入隊が可能とある。そのため、A氏は本人の意思によって2014年、空軍に入隊。江原道(カンウォンド)・原州(ウォンジュ)飛行団の航空機整備隊で服務した。

 これを前にA氏は1995年、威鏡北道(ハンギョンブクド)・穏城郡(オンソングン)に生まれ、去る2005年、10歳のころ韓国に脱北した。

 今回、韓国軍に志願入隊し満期除隊したA氏は「私は厳然な大韓民国国民の男性であり、男性が軍隊に入隊するのは当然のこと。国民の義務を全うしたまでです」と心境を明かした。

最終更新:6月9日(木)10時58分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。