ここから本文です

<ヘボット!>コミュニケーションロボットがお披露目 ネジを差してギャグ発射

まんたんウェブ 6月9日(木)17時22分配信

 今秋から放送予定の小学生向けテレビアニメ「ヘボット!」(放送局未定)に登場する主人公ロボットを模したコミュニケーションロボット「DXヘボット!」が9日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催中の玩具見本市「東京おもちゃショー2016」(日本玩具協会主催)のバンダイの発表会でお披露目された。ネジを本体に差し込んでいろいろな言葉を話させることができる。9月中旬発売予定。

【写真特集】おもちゃショー2016で話題の玩具が続々 こんなロボットも… 

 テレビアニメ「ヘボット!」はネジの形をした島国「ネジが島」が舞台。ロボット「ボキャボット」同士が「ボキャネジ」を頭に差し、ギャグを生み出して対決する“ボキャバトル”が盛んに行われている中で、主人公のボキャボット・ヘボットとユル~イ王子・ネジルのネジ集めの日々が描かれる。

 9月に発売される「DXヘボット!」は、主人公を模したロボットの頭頂部に言葉を覚えさせることができるネジ「ボキャネジ」を差し込むことで、ロボットが言葉を発する玩具。3本のネジを組み合わせてギャグを作れる「ボキャバトルモード」のほか、おでこのボタンを押して会話を楽しむ「ヘボットークモード」やネジを使って出題されるミッションに挑戦する「ミッションモード」、ニンテンドー3DSの基本無料ゲームと連動する「ゲーム通信モード」などが楽しめる。価格は4500円(以下税抜き)。また、ネジは本体に1個付属するほか、別売りで全12種を各250円で発売する。

 発表会にはお笑いコンビ「流れ星」も登場した。「東京おもちゃショー2016」は、10日までは関係者向けの商談見本市で、11、12日は一般向けに公開される。入場無料。4日間で16万人以上の来場を見込んでいる。

最終更新:6月9日(木)17時24分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。