ここから本文です

<市川海老蔵>妻・小林麻央の乳がん公表会見全文(3)極秘の1年8カ月「既に奇跡」

まんたんウェブ 6月9日(木)18時23分配信

 歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(38)が9日、東京都内のホテルで会見し、妻でフリーキャスターの小林麻央さん(33)が進行性乳がんであることを明らかにした。海老蔵さんの会見の一問一答は以下の通り。

【写真特集】妻・麻央さんのがんを公表する海老蔵さん

 ◇「必ず元気になる」と励まし

  ――あえて明るくいままで以上にお子さんたちと接するような意識というのは?

 日常ですね。1年8カ月前からわれわれの状況は基本的に変わってなく、本日、そういったような報道によってこういう環境になっていると。今日から我が家はまた切り替えて、できれば皆様にお願いしたいことは、病気ですし、子供も小さいですし、やらなくちゃいけないこともたくさんありますので、なるべく、麻央がどうなったか、元気になっていく状況、もしくは子供たちが元気に幼稚園に通っている姿をちゃんとご報告することができるので、なるべく、見守っていただきたいなというのが本音ですね。

 ――一番闘っている麻央さんが一番つらいと思うんですけれど、闘っている麻央さんをバックアップしていきたいという海老蔵さんは麻央さんにどんな言葉をかけて励まし、支えてらっしゃいますか。

 病気を患っている場合は、どんな方もそうだと思いますけれど、ポジティブな部分と、やはりネガティブな部分とあると思うんですね。それは普通の元気な状況とはやはり違いますから。私としては元気のないときに、楽しい、くだらない話とか、「よく分かる。だけれども必ず元気になると思うよ」という話をすることしか。そばにもいられない場合も僕には地方で1カ月間歌舞伎とかテレビの撮影とか、最近多いので、そういうときは電話で1時間、2時間しゃべっちゃうときもあったんですけれど。そういう日々を過ごしながら、お互いのメンタルを、彼女も私を、もちろん私もだめなところもいっぱいあるわけですから、そういう部分を癒やしてくれるし、私も彼女のつらいところをバックアップできるような会話をしていることが多かったですね。

1/3ページ

最終更新:6月9日(木)18時59分

まんたんウェブ