ここから本文です

PS VR対応のステルスパズルゲーム『Volume: Coda』のトレイラーが公開。PS4版所有者に無料提供予定

ファミ通.com 6月9日(木)15時6分配信

文:編集部 ミル☆吉村

●VRでステルスシミュレーションの最速攻略に挑め
 Mike Bithell氏によるパズルライクなステルスアクションゲーム『Volume』のPS VR専用の拡張コンテンツ『Volume: Coda』のE3ティザートレイラーが公開された。本作は海外で配信中のPS4版(日本でも今夏配信予定)所有者に無料の拡張として提供予定だ。

 『Volume: Coda』では、新たに30面が追加され、本編とは異なる主人公によるストーリーが展開される。ゲームの基本は『Volume』を踏襲しており、マップを歩きまわって落ちている“ジェム”をすべて拾い、最短でゴールに飛び込むことを目的とする。
 プレイヤーには攻撃手段がないため、敵の配置と周回ルートを見極めて立ち回り、各種ガジェットを駆使して護衛を誘導するといったテクが必要になる。メタルギアシリーズのVRミッションのような、ステルスゲームのパズル性に特化した内容だ。

 VR独自の機能としては、DualShock 4コントローラーを動かすことでステージが表示されている盤面を自在に拡大縮小・回転させて見やすく調整可能(DS4はPS VR本体と同じくPS Cameraから位置検出が可能なので、VRの視界内にコントローラーの位置が正しく表示されるのもミソ)。さらに護衛をおびき出す“口笛”のアクションを実際に口笛を吹くことで実行できるというおまけ機能もあるとか。

最終更新:6月9日(木)15時6分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。