ここから本文です

『MXGP2』と『ファーミングシミュレーター16』、インターグローの新作2本が本日発売

ファミ通.com 6月9日(木)15時36分配信

●価格は7800円[税抜]と5800円[税抜]
 インターグローは、本日2016年6月9日、プレイステーション4用レースゲーム『MXGP2 - The Official Motocross Videogame』と、プレイステーション Vita用シミュレーションゲーム『ファーミングシミュレーター16 ポケット農園3』を発売した。

 以下、リリースより。

----------

 モトクロスバイクゲーム「MXGP2 - The Official Motocross Videogame」(PS4)と、農業シミュレーター「ファーミングシミュレーター16 ポケット農園3」(PSVita)が、本日6月9日に発売となりました。

■『MXGP2 - The Official Motocross Videogame』 / Playstation 4

 MXGP(モトクロス世界選手権)のオフィシャルレースゲームです。
 公式登録された選手やバイクなどが、すべて実名で登場します。
 左右だけでなく、上下に飛び跳ねる迫力のレース描写で、忠実なコース再現とテクニカルなゲーム操作が海外で大人気となったモータースポーツゲームの続編で、シリーズ2作目にして日本初上陸です!

 MXGPの18のオフィシャルコースを収録し、2015シーズンを完全再現。
 さらに、屋内スタジアム競技場も追加され、オンライン対戦にも対応し、白熱のグランプリが開催されます。

 ⇒製品サイトはこちら

■『ファーミングシミュレーター 16 ポケット農園3』 / PlayStation Vita

 世界累計300万本以上、そして日本でもその認知度が高まりつつある「農業経営シミュレーション」の決定版が登場。
 2008年に一作目が登場してから、農業機器を駆使して土地を開墾するという、新しいジャンルのゲームで、欧州を中心に熱狂的な人気を獲得している本シリーズ。コンシューマ機やPC、モバイルアプリなどがリリースされており、PS Vitaでは『ポケット農園2』に続く2作目のリリースとなります。

 ⇒製品サイトはこちら



MXGP2 - The Official Motocross Videogame (C) 2016 Published and Developed by Milestone S.r.l. All rights reserved. Copyright (C) 2016 Youthstream - All rights reserved. Licensed and published in Japan by Intergrow Inc.
Farming Simulator 16 (C)2016 GIANTS Software GmbH. Published and distributed in Japan by Intergrow Inc. under license of Giants Software and Focus Home Interactive. Developed by GIANTS Software GmbH. Farming Simulator, Giants Software and its logos are trademarks or registered trademarks of Giants Software. Focus, Focus Home Interactive and its logos are trademarks or registered trademarks of Focus Home Interactive. All manufacturers, agricultural machinery, agricultural equipment, names, brands and associated imagery featured in this game in some cases include trademarks and/or copyrighted materials of their respective owners. The agricultural machines and equipment in this game may be different from the actual machines in shapes, colours and performance. All Rights Reserved.

最終更新:6月9日(木)15時36分

ファミ通.com

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。