ここから本文です

ソウル市 韓屋新築・修繕費支援を市内全域に拡大

聯合ニュース 6月9日(木)17時1分配信

【ソウル聯合ニュース】ソウル市は9日、韓屋(韓国伝統家屋)が密集する地域のみを対象にしていた韓屋新築・修繕支援金支給事業をソウル全域に拡大することに関し「韓屋費用支援審議基準」を公告した。

 審議基準によると、韓屋を新築する場合、外観には8000万ウォン(約740万円)を助成し、内部は2000万ウォンの融資を提供する。

 全面的に修繕する場合は、外観には6000万ウォンの助成と2000万ウォンの融資を、内部は4000万ウォンの融資を行う。

 部分修繕にも1000万ウォン助成する。

 また、北村や仁寺洞、城北洞などの韓屋保全区域で韓屋を新築・修繕した場合、最大でこの1.5倍の金額を支援する。

 市は審議基準に韓屋の屋根や側面、塀などの部分について維持基準をまとめ、韓屋としての最低限の条件を設定した。

最終更新:6月9日(木)17時8分

聯合ニュース