ここから本文です

【連載】青SHUNコラム第110回『7/10 in 吉祥寺CLUB SEATA!!生誕祭でSHUN×星野愛菜新ユニットお披露目』

BARKS 6月12日(日)10時14分配信

青SHUN学園 学園長&プロデューサーのSHUNです!
今回は、先日発表しました【SHUN(青SHUN学園)×星野愛菜(Stella☆Beats)】の新ユニットお披露目の情報を発信します。

◆【連載】青SHUN学園 SHUNの「青SHUNコラム」

「世界で一番歌が好き。」
そう豪語するのは、アークジュエル所属Stella☆Beatsのリーダーも務める星野愛菜。
ちょっぴり大人なシンデレラをコンセプトに活動する大阪出身のメンバーだ。
Stella☆Beatsでは全国発売したCDシングル『星空シンフォニー』がオリコン総合デイリーチャート1位、ウィークリー7位を獲得!
ミュージックステーションでは5位にランクインするという快挙を成し遂げ、今年のTIF(日本最大級のアイドルフェス)にも悲願の出演が決定している。

「JAPANカルチャーを自身で体現。」
アイドル・ビジュアル系・アニソン・コスプレ。世界中でfavoriteされている日本のカルチャーを体現し発信していく目標を掲げる青SHUN学園プロデューサーのSHUN。
アイドルのプロデュースや楽曲提供、ビジュアル系のCLØWD(クラウド)も出演するSHUNのPVを制作、アニソンのドラゴンボールZやるろうに剣心等の主題歌を出版の許諾を正式にとりライブ披露、女装の美女♂menさん主催イベントにも女装のコスプレで出演。
フジテレビ「バイキング」のテーマ曲を作詞/作曲/歌を2年間つとめ、「奇跡体験!アンビリバボー」のEDテーマ曲も担当。

◆もう一歩踏み出した表現の世界
アイドルでは歌、ダンス、MC、様々な事を凝縮して行うライブパフォーマンスが主軸。
その中で、SHUN×星野愛菜の新ユニットが唯一無二として選んだのが「歌」です!
たんに“コラボ”とするなら、お互いのユニットの楽曲を持ち寄り、違う構成スタイルとして活動すればよいのですが、この新ユニットではそのもう一歩先の「音楽・歌の表現」を目指していきます。
7/10の星野愛菜生誕祭が吉祥寺CLUB SEATAで開催され、その時にSHUN×星野愛菜の新ユニットがお披露目、現時点での楽曲の持ち数は全14曲。
アコースティックは勿論、JAZZやボサノバ、ファンク、ロック、R&Bなど、All Sound Produce:SHUNという形で様々なジャンルに挑戦、自分たちの歌の限界を知り、挑戦し、拡げ、伝わる音楽をより多くの人へ伝うべく活動。
ライブ時にはアコースティックスタイルでギター、ピアノ、カホン等の打楽器なども入れ、CD音源のパフォーマンスは勿論、バンド形式でも披露していきます。

◆お互いの所属ユニットは今後も勢力的に活動
また、SHUNとして青SHUN学園は勿論、今までのアーティスト活動や楽曲制作&提供もそのままに、星野愛菜としてもStella☆Beatsの活動も全てに全力のまま、このユニットで新しい見せ方と言う武器が増えるという、なんとも贅沢な企画になっております。
お互いの持ち寄った可能性を魅せ、その発生したプラス部分をお互いの所属ユニットに持ち帰り、自分自身とそれに関わるメンバー全てが成長していきます。

◆7/10 in 吉祥寺CLUB SEATA「星野愛菜生誕祭」
そんな新ユニットを初めてお披露目する場所は、星野愛菜の生誕祭 in 吉祥寺CLUB SEATA!!

『星野愛菜 Birthday LIVE~シンデレラが青いドレスを着るまでに…~
日付:7/10(日)
時間:Open / 11:30 Start / 12:00
場所:吉祥寺CLUB SEATA
出演:星野愛菜、Stella☆Beatsメンバー、SHUN
料金:※下記参照
前売 / 一般 3,000円 女性 2,000円(別途1D)
当日 / 一般 3,500円 女性 2,500円(別途1D)
内容:ライブ&特典会
お問い合わせ:info@arcjewel.com

これから始まるストーリーの第一人者に、是非多くの方になってほしいと思います!
たくさんのご来場をお待ちしております。

最終更新:6月12日(日)10時14分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。