ここから本文です

82歳の男性、オーディション番組でヘヴィ・メタルを熱唱

BARKS 6月12日(日)10時17分配信

現在アメリカで放送中のオーディション番組『America's Got Talent』に82歳の男性が出場し、ヘヴィ・メタル・バンド、ドラウニング・プールの「Bodies」を熱唱した。

◆ドラウニング・プール画像

海軍のパイロットや航空宇宙のエンジニア、ハッブル宇宙望遠鏡の修理を手掛けるプログラミング・マネージャーを務めてきたというジョン・ヘットリンガーさんは、15年ほど前にリタイアした頃からカラオケを始めたと自己紹介。この番組へ出場しようと思った理由を問われると、「多分、僕の人生やキャリアのクライマックスになるだろうから」と答えた。

年齢や格好から、オールディーズかスタンダードなポップソングを歌うのだろうと思いきや、なんと彼が選んだのはヘヴィ・メタルだった。最初は唖然としたり、頭を抱えるオーディエンスの姿も見られたが、「Nothing wrong with me(俺に悪いとこはない)」との歌詞が飛び出すころには、彼のスクリームに会場は大盛り上がりとなった。

この曲はヘットリンガーさんの十八番のようで、彼は数年前、カラオケでこの曲を熱唱する映像をYoutubeに投稿していた。

ドラウニング・プールは、ヘットリンガーさんのニュースを知り、「America's Got Talentで“Bodies”を歌った82歳の男性にエールを。あなたが俺らのステージにジョインするのはいつだって大歓迎だ!!!」とつぶやいた。

Ako Suzuki

最終更新:6月12日(日)10時17分

BARKS