ここから本文です

ブライアン・メイ、ドナルド・トランプの曲使用に憤慨

BARKS 6月12日(日)10時22分配信

米大統領選に出馬するドナルド・トランプ氏が火曜日(6月7日)開いた集会で登場する際、クイーンの名曲「We Are The Champion」を流したことについて、ブライアン・メイが声明を発表した。

◆フレディ・マーキュリー画像

「ドナルド・トランプがアメリカのテレビで僕らの曲We Are The Championを彼の“テーマ”ソングとして使用したことに対し、僕のもとに苦情が殺到した。これはクイーンの正式な声明ではない。しかし、僕は、曲の使用許可は求められてもいないし与えてもいないと断言できる。これ以上使用されないようにするためにどうしたらいいか、相談しているところだ。僕らがトランプ氏の政策をどう見ているかは別として、クイーンの音楽が政治的キャンペーンの道具として使用されるのを許すのは、僕らのポリシーに反する。僕らの音楽は夢や信念を具象化しているが、それは、音楽を聴き楽しみたいと思う人々に向けたものだ」

トランプ氏に曲使用の禁止を申し出たアーティストはこれで何人目になるのだろう。一方、彼の対戦相手となるヒラリー・クリントン女史にはケイティ・ペリーやクリスティーナ・アギレラ、シェール、レディー・ガガ、ジョン・レジェンドらが支援を表明している。

Ako Suzuki

最終更新:6月12日(日)10時22分

BARKS