ここから本文です

ブラック・サバス、2017年2月に最後の公演?

BARKS 6月12日(日)10時26分配信

ブラック・サバスからの正式発表はまだだが、『Guitar World Magazine』によると、土曜日(6月11日)彼らがプレイする英国のフェスティバル<Download 2016>で、2017年のブラック・サバスUK公演の日程と場所を告げるチラシが配られたという。

真偽のほどは不明だが、このチラシによると、バンドは1月22日にマンチェスター、24日にグラスゴー、26日にリーズ、29,31日にロンドン、2月2,4日にバーミンガムでパフォーマンスするそうだ。北米やオーストラリア公演同様、スペシャル・ゲストとしてRival Sonsが参加するという。

トニー・アイオミ(G)は以前、ブラック・サバス最後のツアー<THE END>は故郷バーミンガムで終えたいと話していたことから、2016年1月に始まったツアーが早くも2017年2月4日に終わりを迎えるのではないかとの悲しい憶測が流れ始めた。

現在、ヨーロッパを周っている<THE END>ツアーは、8~9月に北米第2弾、11~12月に南米公演が開かれる。

Ako Suzuki

最終更新:6月12日(日)10時26分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。