ここから本文です

悩めるイーサン・ホークを救った87歳ピアノ教師のドキュメンタリー

CINRA.NET 6月9日(木)21時15分配信

映画『シーモアさんと、大人のための人生入門』が、9月下旬から東京・シネスイッチ銀座、渋谷アップリンクほか全国で順次公開される。

【もっと画像を見る(11枚)】

同作は、イーサン・ホークが初めて監督したドキュメンタリー映画。アーティストとして行き詰まりを感じていたホークがある夕食会で出会い、悩みを打ち明けて救われたという87歳のピアノ教師シーモア・バーンスタインを追った作品だ。

バーンスタインは50歳でコンサートピアニストとしてのキャリアを終え、以降「教える」ことに人生を捧げてきた人物。作中ではバーンスタインのピアノの演奏と共に、ピアニストとしての成功、朝鮮戦争に従軍していた時のつらい記憶、演奏会にまつわる不安や恐怖の思い出などが語られる。

バーンスタインに出会って「一瞬で安心感に包まれた」というホークは、彼について「シーモアのピアノ・レッスンは、人はいかに生きるべきかという奥深い教えに満ちている。彼のシンプルな生き方から学べることは、あまりにも多い」と語っている。

CINRA.NET

最終更新:6月9日(木)21時15分

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。