ここから本文です

3Doodlerを超える書き味! 新たな3Dペンのインクは「ナノ銀」

ReadWrite Japan 6月9日(木)22時30分配信

ハーバード大学の科学者が3Dの金属オブジェクトを作り出す画期的なペンを作り出した。

最近出た3Doodlerペンのコンセプトと似ているが、これはその上をいくもので、大人向けのあらゆる可能性が考慮されているのだ。

このペンは、医療用デバイスのパーツ作りに役立てることができる。かつての3Dプリンターは、枠組みに固定されなければならないことから、特定のデザインのものにしか対応できなかった。だが、このペンなら曲線やループを含む複雑なオブジェクトの製作が可能だ。

このペン型プリンターの使い道は無限大である。また、ゆくゆくはウェアラブル業界において、デザインの可能性を大きく左右するものになるだろう。

https://youtu.be/emUlHFWcHck
(3Doodler 2.0 Launch Video - The World's First 3D Printing Pen, Reinvented (Official))


■「銀」を「インク」に変えるペン

3Dプリンターペンは、レーザーの照射によって硬化する銀のナノ粒子をインクとして使う。

レーザーが照射されている状態で粒子がペンから絞り出されることで、空中に3Dオブジェクトを作ることができる。驚くのは作れるものの小ささだ。このペンは人の髪の毛ほどの細さの線を形成できる。

ハーバード大学Wyss研究所のエンジニアチームは、3Dプリンターペンが作られた経緯についてこう語った。
「最も大きな課題は、ペンがまともに機能するためのレーザーとノズルとの適正な距離を見つけることだった。レーザーとノズルが近すぎるとインクがペン先で固まり、詰まってしまうのだ。」

このペンが作り出せるものは、必ずや3Dプリンター市場に革命を起こすだろう。

ReadWrite Japan編集部

最終更新:6月9日(木)22時30分

ReadWrite Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]