ここから本文です

嵐・大野智主演「世界一難しい恋」“やっと”のハグに「ハグがこんなに素敵だなんて」「最高の美しさ」

E-TALENTBANK 6/9(木) 11:14配信

昨日、第9話が放送された、嵐・大野智主演ドラマ「世界一難しい恋」。

キスを巡った大げんかで、思わずキスを巡って大げんかをした末、思わず美咲(波瑠)にクビを言い渡してしまった零治(大野智)。仲直りをしようとするも、美咲は早々とライバル社であるホテルに就職を決め、零治と決別する態度を取る。そんな美咲を諦めきれない零治は復縁を願うも、その条件として「しばらく会わないこと」を突きつける。それでも会いたさが募る零治は、美咲に近づくために様々な手段を考える。その一方、美咲はあることをきっかけに、零治のことを見つめ直すことに。そして、ある夜、偶然見かけた零治を追った美咲は…という展開を見せた。

二人の関係がどうなるのか、気になるストーリー展開の中で、特に見つめ合いながらも、なかなかその足を踏み出せない零治が美咲に少しずつ近づき、やっとハグするという最後のシーンに心を掴まれた視聴者が多かったようで、Twitterには「思い出しても泣ける社長のハグ……」「ハグがこんなに素敵だなんて。」「みささんの様子伺いながら少しずつ近づいていくシーンなんかもう泣ける」「この抱擁シーンは後々まで語り継がれるような最高の美しさ。」という感想が多く見られた。

また、「本当に来週で最終回なのが残念」「もう最終回だなんてなんか寂しい」「本当に来週最終回なの??すごい寂しい...信じられない...まだまだ見てたいよ。」といった、ドラマの終了を惜しむ声も多数上がっていた。

最終更新:6/9(木) 11:14

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]