ここから本文です

【台湾×スタートアップ】「COMPUTEX」で見つけた、台湾発 注目プロダクト5選

SENSORS 6月9日(木)17時34分配信

5月31日から6月4日まで台北で開催された、台湾はもちろん各国の企業が新製品や新技術を発表する一大ショーケース「COMPUTEX TAIPEI 2016」。今回はスタートアップに特化したエリア「InnoVEX」に出展していたサービス・プロダクトのうち「台湾生まれ」のものに特化し紹介する。

36年の開催となったCOMPUTEX、今年は「InnoVEX」という、スタートアップ企業に特化したエリアが初めて登場した。ここには台湾はもちろん、世界各国から217のスタートアップが集結。出展社の中には日本語を話せるスタッフがいたり、日本語のパンフレットがあったりと、日本への進出の意欲を見せるスタートアップも。

4会場にまたがって行われたCOMPUTEXの中でも、コンパクトな会場の中に新たなサービス・プロダクトが所狭しと並んだ、特に熱気を感じた当エリア。今回はこのエリアから「台湾発」の企業に特化してブースをリサーチ。SENSORSが注目したサービス・プロダクト5つを紹介する。

女性や子どもの身を守るスマートホイッスル「WISO」

「COMPUTEX d&i rising star award」を受賞した、夜の帰り道やランニング時などに便利なスマートホイッスル。吹くか二秒押し続けると、通話・SMS・Eメールにて位置情報を送信。あらかじめ登録された家族・恋人・友人などのスマホに位置情報が送信され、すぐにどこで助けを求められているかが分かる。
ホイッスル型の「SafSmart Whistle」 と、人気のキャラクターを模した子ども向けの「Safety Companion」がある。今年の夏には日本への進出予定もあるそうだ。

VR×インテリア 部屋に合うか事前に試せる「iStaging」

「iStaging」はスマホのカメラを活用し、カメラの先に映る景色と、3Dモデルの家具を照らし合わせて、実際に家具をその場に置いた様子をアプリ上で体験出来る。「ここにこの家具を置いて、果たして似合う?」という悩みを事前に解決することが出来、今後はアプリ上での購入機能も実装予定とのことで、家具メーカーやデザイナーにとっても自らの家具を認知・購入してもらう新たなチャンスとなりそうだ。
日本への進出はこれからで、「パートナーを探している」とのことだが、実用的かつポップな雰囲気が日本でも受け入れられそうだと感じた。日本版のApp Storeでもアプリはダウンロード可能なので、試してみてはいかがだろうか。

動画:https://youtu.be/wITqCim0nTM

1/2ページ

最終更新:6月9日(木)17時34分

SENSORS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]