ここから本文です

イブラはスウェーデンでは賛否両論の存在? 代表監督「ズラタンを代表に呼ぶなというメールがたくさん来る」

theWORLD(ザ・ワールド) 6月9日(木)0時0分配信

代表招集を反対する声がある?

ズバ抜けた個性は、いつの時代も賛否両論を巻き起すことになる。スウェーデン代表を率いるエリック・ハムレン監督が、同国の英雄ズラタン・イブラヒモビッチについて言及した。彼はズラタンが決して国民から100%の支持を得ているわけではないことを示唆している。

かつてアヤックスやユヴェントス、インテル、バルセロナ、そしてミランで超人的なプレイを披露し、2015-16シーズンにはキャリア絶頂ともいえる怒涛の38得点を記録したイブラヒモビッチ。開幕を目前に控えたユーロでもその活躍が大いに期待されているが、ハムレン監督はズラタンに対するスウェーデン国民の感情をありのままに説明した。スウェーデン『Fotboll Skanalen』が同監督のコメントを伝えている。

「今でも、ズラタンをスウェーデン代表に呼ぶな、という内容の手紙やメールがたくさん届くよ。スウェーデンにはこういった類いの感情が存在するんだ。しかし、一方で、ズラタンが代表に多くのものをもたらしていると言いに来る子供もたくさんいる。彼は移民という背景を抱えた人々にとって希望の星なんだ」

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ出身の父と、クロアチア人の母との間に生まれたズラタンは、同じようなバックグラウンドを持つ人々を突き動かす存在だ。彼がゴールを決め、世界中のカメラを独占することで、嫌う者と好む者を次々に刺激していく。しかしながら、仮にこの大男がスウェーデンを欧州No.1へ導いたとしたら、好むか否かに関わらず、彼は真のヒーローとなるだろう。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6月9日(木)0時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合