ここから本文です

阪神ドラ5青柳にプロの壁 制球難を猛省

Full-Count 6/9(木) 9:03配信

チームは今季3度目3連敗

 新人右腕にプロの壁が立ちはだかった。阪神ドラフト5位ルーキーの青柳晃洋が8日のロッテ戦(QVC)に先発し4回2/3を投げ、6安打6失点でプロ初黒星を喫した。2-4の5回1死二、三塁でナバーロを二ゴロに抑えたところでベンチからタオルが投入された。

 5回を持たずに降板した右腕は「左バッターによくやられてしまったことと、四死球から失点をしてしまい、一番やってはいけない点の取られ方をしてしまいました」と肩を落とした。

 制球に苦しみ痛打を浴びる。プロ初登板初先発となった1日の楽天戦(コボスタ)は5回1失点でプロ初勝利をマーク。初勝利から2連勝を狙ったが現実は厳しかった。前回登板は5四球、そしてこの日も4四死球と苦しみ、4回以外は毎回のように走者を背負う内容に「前回の登板で課題に挙げた制球に今日も苦しんでしまった」と猛省。香田投手コーチは「左バッター対策、コントロールもストライクを取るのが精いっぱいだった」と課題を挙げた。

 打線もロッテの先発ルーキー・関谷を攻略できず今季3度目の3連敗。借金は今シーズン初の「2」。3試合連続の2桁残塁を記録するなど苦しい状況が続いている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/9(木) 9:07

Full-Count

なぜ今? 首相主導の働き方改革