ここから本文です

正念場。スペースXが「再利用ロケット」打ち上げを今秋実施へ

sorae.jp 6月9日(木)12時1分配信

イーロン・マスクが率いるスペースXは、これまで何度もファルコン9ロケットの地上や海上船への着陸に成功してきました。しかしこれらは、同社の「再利用可能なロケット」というコンセプトの一部分でしかありません。なぜなら、一度着陸したロケットが再度打ち上げられない限り、コストダウンという目的は達成できないからです。
 
そしてイーロン・マスク氏は上の画像のツイートともに、「再利用ロケットの打ち上げを9月~10月に行なう」と宣言しました。

もともと、スペースXは今年の5月~6月に再利用ロケットの打ち上げを予定していました。また、最終的にスペースXはロケットの着陸から再打ち上げを数週間以内のサイクルで行おうと計画しています。まるで、港についた船が荷物と燃料を補充し、再度出港するみたいですね!
 
今回の情報はこのツートが全てですので、再利用したファルコン9ロケットの打ち上げに関する詳細は不明です。ただし、すでに再利用ロケットでの貨物の打ち上げを希望する顧客も何件か現れているとのことです。
 
さらに再利用ロケットの打ち上げといえば、すでにアマゾンのジェフ・ベゾスが率いるブルー・オリジンは1月に一度利用した「ニュー・シェパード」の再打ち上げに成功しています。ロケットの再打上げによるコストダウンというコンセプトも、近いうちに実用的なものになりそうですね!

最終更新:6月9日(木)12時1分

sorae.jp

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。