ここから本文です

SMAP・中居、バッシングを逆手に取った粋な演出に「愛ある」と賞賛の声。“クビ宣告”に陣内がガチ泣き!?

E-TALENTBANK 6月9日(木)17時35分配信

8日放送の日本テレビ系「ナカイの窓」で、ドッキリを仕掛けられた陣内智則が本気の涙を見せる衝撃のシーンが放送された。

この日はひさしぶりの出演となったゲストMCの陣内も張り切って進行しようとしていたが、事前に知らされていたのは陣内を騙すためのニセ企画。MCの中居正広から「本日のテーマは『陣内ありえへんSP』!」と、唐突に企画変更を告げられた陣内は愕然とした表情を見せた。

「どういうことですか!?」とうろたえた様子の陣内とは対照的に、テンション高めに「ご存じの方もいるかもしれませんが、ハワイで“エコノミー事件”というものがありました!」と説明を始めた中居。

どうやら、3月に放送された同番組の『ハワイSP』収録の際、飛行機がエコノミーだったことに対して陣内が「ありえへん!」とクレームをつけたため全出演者の座席をビジネスに変えることになり、何百万円もの追加予算が発生してしまったのだとか。

ここでスタジオには、ハワイロケ同行組が登場し、事件の真相を追及することに。陣内は、当時ネット上でも話題となったこの出来事について「間違いありません」と認めたが、その余波を受けてか「あまりのワガママぶりで日テレを出入り禁止になった陣内、芸能界引退の危機か!?」というニュースが報じられたことも紹介され、慌てて弁明を始めた。

しかし、番組プロデューサーが「第一声が“ありえへん”でした。長い業界生活の中でタレントさんにあんなこと言われたのは初めて」と証言。さらに、陣内と25年の付き合いだというケンドーコバヤシも登場し、これまでにも多くの番組を干されてきたという知られざる過去を暴露。

陣内は事実が誇張されていることに不満を漏らしつつも、「反省してますよ! ホント申し訳ないと思ってる」と謝罪したが、芸人仲間や後輩からの証言映像により、ますます追い込まれてしまう。そして、ついに「このまま終わるのもどうかなと思うんですけど……」という中居の言葉とともに、“陣内の番組卒業”という、事実上のクビが宣告されてしまった。

予想外の展開に「ウソでしょ……?」と絶句した陣内。中居が「ただ、このまま終わるのは気持ち悪いなと。だから“一時停止”だね。俺なんかができる精一杯のことが、この『ありえへんSP』だ」と事情を説明したが、スタジオは重苦しい空気に包まれた。

続けて陣内の過去VTRが紹介されると、番組での様々な思い出が胸に去来したのか、なんと陣内は本気で泣き出してしまう。中居の迫真の演技にすっかり騙されてしまった陣内は「本当に好きな番組だった。早く戻って来られるように頑張ります」と、声を震わせて涙ながらにコメント。

そんな状況で、満を持して「陣内くん、これからもゲストMCよろしくね!」と中居からドッキリであることを知らされると、陣内は安堵のあまり再び泣き出してしまったが、中居は「陣内くんの涙ってホントきったねーなと思いました」と、芸人の涙を笑いに変える気遣いまで見せた。

そんな中居の見事な進行と陣内のガチ泣きはネット上でも話題となり、「中居君の企画力の実力を満喫」「中居しゃんの愛あるドッキリだったね」「昨今の偏向報道のでたらめさを明らかにした中居くんの凄さと偉大さにやっぱり頭が上がらない」「ベッキーの件といい陣内の件といい、中居凄いよなー!」と絶賛の声が上がっていた。

最終更新:6月9日(木)17時35分

E-TALENTBANK