ここから本文です

ビルバオがスペイン期待のユーティリティーDFと契約延長

theWORLD(ザ・ワールド) 6月9日(木)11時21分配信

期待の若手DFは今後もビルバオで

スペイン・リーガエスパニョーラのアスレティック・ビルバオが8日、スペイン人DFイニゴ・レクエとの契約を2019年6月30日まで延長することで合意したことを発表した。

ビルバオでは主に右SBとしてゲームに出場するレクエだが、左SBや右サイドハーフとしてもプレイ可能なユーティリティー選手で、2015年8月から同クラブにおいてトップチームデビューを果たしている。2015-16シーズンは公式戦34試合に出場し、チームにとって不可欠な戦力として、リーガ5位という好成績に貢献。23歳と若く、今後のさらなる飛躍も期待されるスペイン有数の若手DFだ。

来季はセルタと共にUEFAヨーロッパリーグへの参戦が決まっているビルバオ。国内リーグとの二足のわらじを履きこなすためにも、成長著しい23歳の活躍は欠かせない要素となるだろう。来季の彼らによる奮闘に期待したい。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6月9日(木)11時21分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。