ここから本文です

メルセデスの“頂点”に君臨するに相応しい「メルセデス・ベンツ Sクラスカブリオレ」海外試乗レポート

オートックワン 6月9日(木)18時20分配信

“高級車”が多様化するなかで出会った「Sクラス カブリオレ」

日本中が「いつかは ――」と同じ夢を見ていた時代もあったが、いまや高級車もずいぶんと多様になった。

メルセデスの“頂点”に君臨するに相応しい「メルセデス・ベンツ Sクラスカブリオレ」[画像83枚]

何をもって“高級”と定義されるのか。値段か、スピードか、性能か。はたまた装飾品で飾られた豪華さなのか。私にはどれもしっくりとこない。

しかし、先だって遂に「これならどうだ!」と胸を張って紹介できる高級車に出合うことができた。 「メルセデス・ベンツ Sクラス カブリオレ」 だ。

その国際試乗会の模様をレポートする前に、高級車にまつわる興味深いエピソードをいくつかご紹介しよう。

Sクラスを超える“高級車”は日本にも以前から存在していた

実は、 日本にはSクラスをも凌駕する高級車が存在する 。

それは天皇陛下がお乗りになる「御料車」だ。設計開発は長らく日産の担当で、サスペンションひとつ取ってみても最高の技術を用いて、とことんこだわって設計してきたのだが、10年ほど前のフルモデルチェンジを機に日産は撤退してしまった。

儲からない――カルロス・ゴーンのこの一言が決定打だったという。

ぽろりと棚から落ちた牡丹餅を手にしたトヨタは1台10億円以上とも言われる巨費を投じて「ロイヤルセンチュリー」を開発した。

「マイバッハ」は何故“東京モーターショー”で復活したのか

メルセデスも、そんな御料車と決して無関係ではない。

メルセデスのもとで復活を遂げた「マイバッハ」は、1997年の東京モーターショーがワールドプレミアだった。メルセデスの伝統的で意欲的な高級車のワールドプレミアが、なぜ“東京”だったのか。それは 日本に「皇室」があったから だと言われている。

ドイツ政府の依頼で御料車の色見本が皇室から送られた記録も残っているというから、少なくともメルセデスが日本における天皇の存在の意義を理解していたことは間違いないだろう。

メルセデスブランド発祥の地「ニース」

今回紹介するSクラス・カブリオレの国際試乗会は、ときおり冷たい風が吹き下ろす南フランスのリゾート地・ニースで開催された。

このニースこそ、メルセデスブランド発祥の地である。話は110年以上前にさかのぼる。オーストリアの富豪イェリネックはニースで開催されるレースに出るために、ダイムラー社に特製マシンを依頼した。

当時としては画期的だったこのマシンを、イェリネックは気に入り、愛娘の名前をつけて「メルセデス号」と呼んだ。後にこの名は市販車にも使われるようになる。メルセデスブランドに刻まれた「軽く美しく速い」というDNAには、メルセデス嬢の個性が息づいているのだ。

1/2ページ

最終更新:6月9日(木)18時27分

オートックワン

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。