ここから本文です

オバメヤンはシティへ移籍するのか? ドルトムント広報「夏の無限の噂にわざわざコメントすることはない」

theWORLD(ザ・ワールド) 6月9日(木)12時1分配信

ドルトムントは否定

退団するのか、それとも残留するのか。ドルトムント首脳陣は今夏、ガボン代表ストライカーに付きまとうナイーブなテーマと常に戦っていく必要がありそうだ。

マッツ・フンメルスがバイエルン・ミュンヘンへと去り、イルカイ・ギュンドアンはマンチェスター・シティに移籍した。すでに彼らは大きなパワーダウンを強いられているが、絶対的エースのピエール・オバメヤンにも退団の噂が浮上。レアル・マドリードやアーセナルといったクラブが同選手を注視しているとされるが、英『sky SPORTS』は先日、シティ移籍が迫っていると報じていた。しかしドルトムントで広報を務めるサシャ・フリゲ氏が即座にこれを否定している。独『Kicker』が同氏のコメントを伝えた。

「我々はオバメヤンの移籍に関して何も知らない。夏の期間中に発生する無限の噂話に対し、クラブがわざわざコメントすることはないよ」

来季からペップ・グアルディオラが指揮を執るシティは、およそ90億円もの移籍金を準備中だとされており、仮に実現すれば昨夏のケビン・デブライネやラヒーム・スターリングらに続く大型補強となる。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6月9日(木)12時1分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]