ここから本文です

ドイツ代表シュールレ、“ジョーカー”の立場も受け入れる「雰囲気が大事」「チームにとって重要な存在に」

theWORLD(ザ・ワールド) 6月9日(木)12時32分配信

2年前もジョーカーとして活躍

ドイツ代表MFアンドレ・シュールレはEURO2016でどのような立場となるのだろうか。

すでにドイツ代表の常連メンバーで、2年前にはワールドカップ優勝も経験しているシュールレ。当時は途中からの出場機会がメインで、“ジョーカー”としての役割を担ってきた。しかし、今大会ではそれだけの存在では終わりたくないと考えているようだ。独『Bild』がコメントを伝えた。

「僕はワールドカップでジョーカーをこなせることを証明した。でも今はそういったことは頭にないよ」

一方で、シュールレはEURO開幕前、最後のテストマッチとなった2試合でも途中からの出番となっている。そのため、ジョーカーとしてでも力を発揮することを誓った。

「僕はドイツ代表に定着して長いし、可能な限り長く出場したい。でも大会ではベンチに座って出番がない選手たちも含めて雰囲気が大事だ。ピッチに立てば、僕が全力を発揮できることは皆わかっているし、何よりもチームにとって重要な存在になりたいね」

2年前のワールドカップでも途中出場から結果を残し続け、決勝のアルゼンチン戦でゲッツェのゴールもアシストしているシュールレ。世界でも数少ない途中出場から結果を残せる選手だけに、ドイツの試合は最後まで目が離せなそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月9日(木)12時32分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。