ここから本文です

荷室は最大でテニスボールが12000個も!メルセデス・ベンツ 新型「Eクラス ワゴン」6代目がデビュー!

オートックワン 6月9日(木)21時39分配信

あのロジャー・フェデラー選手も駆けつけた新型「Eクラス・エステート」発表会

メルセデスが最初の「エステート」を発売してから、今年でちょうど50周年を迎えた。その記念すべき年にあわせるかのように、お膝元のシュトゥットガルトでメルセデス・ベンツの中核を担う「Eクラス」のステーションワゴン版である「Eクラス・エステート」を発表した。

日本には来年導入?新型Eクラスワゴン(画像63枚)

会場に選ばれたのは、シュトゥットガルトの小高い丘の上にある歴史あるテニスクラブだ。この日はまさに、ATPシリーズの中でも歴史ある試合が開催されており、今季は怪我で悩まされているものの、長らく男子テニス界の頂点の一角を占めるロジャー・フェデラーが復帰する公式戦としても注目を集めていた。

その名も、“メルセデス・カップ”である。

そんな風に世界中の注目を集めるフェデラー選手が、なんと「Eクラス・エステート」のアンベールに駆けつけたのだ!男子テニスのイケメン好きの私としては、過去にラファエル・ナダル選手やアンディ・マレー選手のインタビューを取るといった役得とも言える仕事をさせていただいているのだが、インテリジェンス漂う雰囲気のフェデラー選手は恐れ多い気がして、なかなか近づけずにいた。

それだけに、Eクラス・エステートの発表会で目の前にフェデラー選手が現れたときには、新型車のアンベール以上に興奮してしまった。

得意のグラスコートでの復帰にかける意気込みやいかに?…といった報道はテニス専門誌にお任せして、今回の主役である「Eクラス・エステート」に話を戻そう。

はじめにマーケティング部門を統括する役員であるオラ・ケレニウス氏が登壇し、SUV全盛の時代にあえてステーションワゴンを発表する意味をプレゼンしてくれた。

「ドイツ本国で今年4月に発売した【Eクラス】は、お客様に大変な好評を得ており、ドイツだけで13万人もの方が販売店にいらっしゃっています。一方で、世界的に人気が高まっているSUVセグメントは、メルセデス・ベンツでも好調で、今年すでに46.8%もの増加というデータが出ています。しかしながら、ヨーロッパをはじめ、成熟した市場においては、エステートの需要はまだまだ根強いものがあります。」

同社では、「Eクラス・エステート」を父であり、母である方々に向けて発信するモデルと位置づけている。SUVを選ぶ人ほどアウトドア志向ではないものの、休日に家族とともにスキーやキャンプを楽しむ余裕のある人たちをターゲットに作りこまれている。

「私自身、3人の子どもがいますが、子どもたちほど大切なものはないと感じています。同時に、後席で子どもが喧嘩するなか運転するほどチャレンジングなものはないと理解しています。そうした方に向けて、お届けするモデルです」 と、ケレニウス氏はいう。

フェデラー選手も4人の子どもを持つ。ヨーロッパで売れ筋の「220d」とAMG「E43」が左右に並ぶのを見比べて、こうコメントした。

「4人の子どもがいるので、セダン並みの快適性とビジネスサルーンとしての利便性があるということなら、AMGモデルのエステートがいいですね。僕は速いクルマが好きなんですよ」

1/2ページ

最終更新:6月10日(金)9時41分

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]